面接時の注意点

人材会社から連絡があって面接の予定が入る時、面接日までの時間的余裕はあまりありません。早ければその日のうちに、あるいは翌日や翌々日といったスケジュールがほとんどです。せっかくのチャンスに慌てふためかないよう、準備が必要です。ここでは、在米日系企業への就職を目指す新卒者を主な対象として、いくつかのヒントをご提供します。




1.会社のことを知っているか

企業研究の時間は限られているかもしれませんが、最低でも事業内容、業界での位置、業界の動向などは、把握しておいてください。その会社のウェブサイトは第一の情報源となります。情報が足りないと思ったら、人材会社の助けを借りるのも得策です。

2.社会的な常識があるか

面接は最初の5分で決まる、と言われます。身だしなみと最初の挨拶は重要です。挨拶の際はにこやかに、自分の名前をフルネームではっきりと分かりやすく言うだけでも、印象は大きく変わります。正しい日本語力と十分な英語力も、基本的な社会人の素養と見なされます。

3.スキルや経験があるか

過去の職務経験やインターン経験について、具体的に何をし、それから何を得たかなどを、整理しておきましょう。新卒者の場合は、将来性も大きなポイントです。学校で勉強した内容やボランティア活動なとについて、同様のことをまとめておくと良いでしょう。

4.熱意があるか

本当にその会社、その職種を希望していることを示す必要があります。ビザや給料の話にはあまり触れず、それらの話題はむしろ人材会社に任せてください。「3年後、5年後の夢は」といった質問もよくあります。将来のビジョンや目標はしっかり持っていてください。

5.協調性があるか

会社はあくまでも組織ですから、上司や同僚とうまくやっていけるかどうかは、どの職種でも大事なポイントとなります。チームやグループでの活動経験があれば、その話題に触れるのも良いでしょう。「友達からのあなたの評価は」といった質問もよくあります。




・ 遅刻する
・ 携帯電話が鳴る
・ 終始表情が硬く、笑顔を見せない
・ 友達に接するようにくだけた態度を取る
・ 会話の最中に名刺やペンをいじる
・ アメリカ人との面接で急に態度が変わる
・ 質問があるかと聞かれて「何もない」と答える
・ 仕事の内容よりも待遇のことを真っ先に質問する


QUICK USA, Inc.
New York Office
551 5th Avenue
Suite 620
New York, NY 10176
Phone: 212-692-0850
FAX: 212-692-0853
E-mail: quick@919usa.com

Los Angeles Office
1995 W.190th Street,
Suite 102
Torrance, CA 90504
Phone: 310-323-9190
FAX: 310-323-9166
E-mail: quickla@919usa.com


QUICK GLOBAL MEXICO, S.A. DE C.V.
Av. Independencia No.1863 Piso 2 INT.6 COL.Galerias Business Square
Aguascalientes, AGS. Mexico, C.P.20120
Phone: 449-153-1400
E-mail: quick@919mexico.com
URL:http://www.919mexico.com