【アメリカの人事部】FMLA(育児介護休業法)休暇取得の際、メッセージアプリは有効な連絡手段か?

 

 

 

 

【アメリカの人事部】FMLA(育児介護休業法)休暇取得の際、メッセージアプリは有効な連絡手段か?

 

メールや電話、Teams、LINE、WhatsAPP、Facebook等、様々なコミュニケーションツールの利用が増えてきていますが、皆様の職場ではどのようなコミュニケーションツールを活用していますでしょうか。在宅ワークも増え、対面以外でコミュニケーションを取る機会も多いのではないでしょうか。今回はFacebook Messengerの活用で実際にあった事例について紹介したいと思います。

 

Family and Medical Leave Act(FMLA)(※)の適用される休暇取得の際、Facebook Messengerは有効な連絡手段になるのでしょうか?

米国企業で働くKaseyは盲腸の緊急手術後に感染症により数日間欠勤しました。会社のルールでは、遅刻や欠勤の場合、就業時間の最低30分以上前に指定の電話番号に連絡することが求められていました。従業員が3回連続して無断欠勤をした場合、従業員はその仕事を放棄したとみなされます。

 

Kaseyはこのルールを守らずに、Facebook Messengerを使ってマネージャーに連絡を取っていました。

 

手術を要する緊急の状況ということもあり、マネージャーは連絡受け取った後、Facebook Messengerでのやりとりを続けました。その後Kaseyは職場に戻り、FMLA休暇が認められました。しかし、Kaseyは数日後に合併症を引き起こし、再度入院が必要となったため、再び休暇を取ることになりました。Kaseyは再度Facebook Messengerを通じてマネージャーと連絡を取り続け、休暇を取得する際に連絡が必要な電話番号へは一度も連絡することがありませんでした。その後、Kaseyは仕事を放棄したとみなされ解雇されてしまいました。

 

 

実際の判決はどうだったのでしょうか?

ポイントはFMLA休暇を取得する際に、Facebook Messengerが有効な連絡手段とみなされるかです。

 

Lower CourtはKaseyがFMLA休暇の申請に伴う十分な手順を踏んでいないとし、会社側の対応に問題がないと判決を下しました。

 

しかし、Appellate Courtでその判決は覆りました。十分な対応とは、会社のルールに記載のあるものだけでなく、会社と従業員の間で日常的に行われている手段も含むとしたのです。今回の場合、具体的には以下の事実をもとに陪審員はKasey のFacebook Messengerによる対応が十分なものと判断しました。

 

・Kaseyとマネージャーは、過去にも複数回にわたり入院や手術等の健康に関する内容についてFacebook Messengerを通じて対話を行っていた。Kaseyのマネージャーは質問があった場合や復職日に関する内容についてもFacebook Messengerでコミュニケーションを実施。

・Kaseyは2度の手術の際にFMLA休暇が必要であったが、1度目の手術において、マネージャーはFacebook MessengerでのコミュニケーションをOKとし、指定の電話番号に連絡をしないといけないと注意していなかった。

・Kaseyは数か月前に、本件と関係のない休暇についても会社指定の番号に連絡しておらず注意をされていたが、今回はその注意を受けていなかった。

・会社のルールでは、従業員は欠勤の最低30分前に電話をしなければいけないとされていたが、FMLAのルールでは、従業員は緊急の欠勤が必要な場合には、連絡は“出来るだけ早く”しなければならないとなっている。

 

 

この事例からの学び

・もしFMLA休暇の連絡方法として認めないのであれば、Facebook Messenger、WhatsApp等のアプリケーションで従業員と連絡を取るのは控えましょう。

・従業員が会社のルールとは違った方法で欠勤の連絡をしてきた場合、ルールに従うよう促しましょう。

・その場面において正しい方法だと思っても、連絡方法に例外は作らないようにしましょう。例外を作ることでルールを守らない社員を解雇できなくなってしまうかもしれません。

 

(※)Family and Medical Leave Act(FMLA)とは?

・1993年8月5日に施行された連邦法で、一定の条件を満たした従業員に対して、①1年間で最長12週間の無給休暇の取得、②休暇期間中の健康保険の維持、③休暇前に従業員が就いていたポストまたは同等のポストへの復職させる義務を雇用主に負わせる法律。一定の条件の中には、出産または養子縁組、健康を害して重度の状態にある配偶者・近親者のケア、従業員自身が深刻な健康状態を理由に就業できない、家族の出兵に伴う事態への急な対応が含まれている。

・従業員が①12ヶ月以上の雇用期間があること、②休暇開始前年に最低1,250時間の就業があること、③50人以上の従業員を雇用している職場の半径75マイル以内で雇用されていることの3つ条件を満たした場合に対象となる。

・当該法律に違反した場合には従業員からの訴訟を受ける可能性があり、慎重な対応が必要。

・全米従業員の約6割、約9,000万人の従業員がFMLAの対象となっており、年間約1,400万人の従業員が当該法律に基づいた休暇を利用している。

 

こちらの記事の原文(英語版)はhttps://matrix-radar.com/blogs/2022/09/21-1になります。

 

※上記内容は弊社グループのMatrix Absence Management社のBlogの内容をサマリー・説明を追加したものです。具体的な状況に応じた法的助言または判断は弁護士等にご相談下さいますようお願い申し上げます。

 

 

この記事に関してご質問は、Reliance Standard Life Insurance Companyまで、お気軽にお問い合わせください。

 

 


 
【執筆】
 

中村 淳(Jun Nakamura)

National Marketing Liaison

Reliance Standard Life Insurance Company

 
 
【プロフィール】
 

2015年東京海上日動に入社し、東京、名古屋で法人営業を経験。

2022年より東京海上グループのReliance Standardに出向し、東京海上アメリカと共に北米で事業展開する日系企業様の従業員福利厚生保険・休職管理の構築をサポートしています。

 
 

【会社情報】

<Reliance Standard>

社名:Reliance Standard Life Insurance Company

本社所在地:1700 Market Street, Suite 1200, Philadelphia PA, 19103

担当:中村 淳

事業内容 :

北米の企業様向けに従業員福利厚生保険・休職管理サービス、個人向けに年金を提供しています。

FMLAを始め、Americans with Disabilities Actなどの連邦法や最近動向が激しい州によるPaid Leave法などに対応する休職管理サービス(Absence Management)を提供しています。また企業様が手配する従業員のための福利厚生保険を提供しています。

E-mail:jun.nakamura@rsli.com

URL:https://www.reliancestandard.com/home/

 

<東京海上アメリカ>

社名:東京海上アメリカ(英名:Tokio Marine America)

本社所在地:499 Washington Boulevard, Suite 1500, Jersey City NJ, 07310

担当:萩原 柚華

事業内容 :

北米で事業展開する日系企業様向けに各種損害保険やリスクマネジメントサービスを全米50州で提供しています。また、日本と異なるリスクの存在する米国において、新規進出、既進出の企業様が安心して事業を行えるようサポートしています。

E-mail:yuzuka.hagiwara@tmamerica.com

URL:https://www.tmamerica.com/

 
 
 
 

 

●「アメリカの人事部」ニューレターのお申込み

クイックUSAは「アメリカの人事部」を発足し、在米日系企業様向けにニュースレターを配信させていただいております。アメリカでビジネスを遂行していくために、必ず知っておかなければならない法律、人事・労務、ビザなどの最新ニュースを定期的にお届けしております。

 

「アメリカの人事部」のニュースレターをご希望の企業様は、下記までお気軽にお申し付けください。   「アメリカの人事部」のニュースレターお申込みご希望の方はお手数ですが、会社名、ご担当者様氏名、役職、電話番号、会社のご住所、E-mailアドレスを明記の上、下記E-mailアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。 

 

E-mail:info-usjinjibu@919usa.com  

 

      

 

「アメリカの人事部ニュースレター」のバックナンバーをご希望の方は、 E-mail:info-usjinjibu@919usa.com まで、 ご希望のナンバーをお気軽にお知らせください。  

 

【バックナンバー】  

No.1 日本の人事について、トランプ政権発足以降のビザ取得の状況

No.2 人事が知っておくべき高額医療/消費者保護法(CCPA)施行/感染症対策

No.3 コロナウィルス拡大で米国CDCも推奨「在宅勤務」について/シックリーブ

No.4 在宅勤務特集/在宅勤務に関するQ&A

No.5 コロナウイルスに関するQ&A/WiFiの規定/より快適な在宅勤務のコツ

No.6 CDC雇用者向けページを確認しよう/After COVID-19の訴訟について

No.7 ポスト・コロナの職場環境/ビザ取得の状況/WEB面接のコツ

No.8 出社への不安という理由/職場再開における適正な準備と手順

No.9    Return to Workのポリシーを作ろう/オフォス再開に関する一問一答

No.10  コロナ禍で考える「評価制度の構築」/ Don’t be silent ~アメリカの人事は差別との闘いであるから

No.11 移民法、雇用調整助成金(ERC)最新情報

No.12 失業保険の不正受給が急増/評価制度Q&A

No.13 職場におけるコロナ関連訴訟/ オフィス対策/ 感染テスト

No.14  ジョブ型?メンバーシップ型?/自主隔離を終了させる新たなガイドライン

No.15  CA州無給休暇と収入保障/強い企業になる!ブラックスワン比較とは

No.16 ポストコロナの新入社員研修/最新移民法/リモート採用注意点/失業率の推移、学校再開Q&A

No.17 訴訟が多いワースト10/コーチングの活用目的

No.18 緊急有給シックリーブ法の改定/リモートでのコミュニケーション

No.19 各州の雇用に必要な給与額/従業員が感染!会社としての対策とは

No.20 2021年は2.6%昇給すべきか?!/採用もマーケティングと同じ

No.21 バイデン新政権誕生で変わる今後の雇用情勢/H1b申請新基準

No.22 企業が提供する祝日と割合/オンラインホリディパーティゲーム9選

No.23 医療費は上がり続けるのか?

No.24 2021年有給シックリーブ法/何はなくともブランディング

No.25 グラフで振り返る2020年/新世代のコミュニケーションCPaaSとは

No.26 ワクチン接種を強制しますか?/H-1Bビザ抽選プロセスの変更案について

No.27 大統領令と法律の違い/医療費控除を最大に/州政府の仕事を請け負うには

No.28 従業員ベネフィットのトレンド/COVID後のオフィスデザイントレンド

No.29  COVID-19救済法と人事関連情報/コミュニケーションは進化する/音声メディアを考えてみる

No.30  2021年ハンドブック更新の拠り所/まだ間に合う!節税のためのIRA/クラウドサービス利用の秘訣

No.31 大麻使用許可による職場規定とドラッグテストの影響/永遠に勝てる組織を作るには

No.32  あなたの給料はAIが決めてもよいか?/駐在員が絶対に知らないといけない個人税務知識

No.33  アメリカの失業保険制度と給付金/最近のアメリカ移民法事情/日本帰国のポイント  

No.34  リモートワークでの雇用と離職について/短期の離職を抑えるためにできること/音声メディアを考えてみる Part:2

No.35  CA州はマスクを外せないのか?/ここだけは押さえておきたいIRS

No.36  新法HERO Act法とは?/「小さな物語」が組織を変える

No.37  学生スポーツのビジネス化/ リモート、ハイブリッドでの新人教育

No.38  なぜ過去の給与履歴を質問してはいけないのか?/ オンラインビジネスの主な形態  

No.39  来るべき人材採用難と従業員の離職対策/ 新しい「働く」をデザイン-オフィス再開に向けて-/ 「日本型」ジョブ型雇用が抱える課題 

No.40  出張の回復は2024年/ 予定納税ってなに?自分には関係ある? 

No.41  日本にあってアメリカにないものは?/変化の時代ころ「パーパス」について語り合う

No.42  リモートワーク下での人事評価/ 駐在者へのトレーニング

No.43  2019年からの求人数・雇用数の推移/駐在員のジレンマ~相手の価値観と自分の価値観~/米国大使館のEビザ申請の現状

No.44  2022年のSalaryトレンド。インフレ+人手不足で昇給率は更に上がるか?/コロナ後の新しい雇用のカタチ/アメリカ進出!BtoBマーケティングの基本となる8つのポイント

No.45  ワクチン接種を拒む従業員への対応/昇給・給与設定にありがちな問題!~問題を回避する秘訣とは?!~/クラウド時代のネットワークを実現するSecure Access Service Edge(サシー)

No.46  雇用者数の推移と、重要な数値/GILTI(米国外軽課税無形資産所得)とFDII(外国稼得無形資産所得)

No.47  2022年カリフォルニア州の人事関連 新しい法律

No.48  コロナ禍によるパワーシフト | その会議に心理的安全性はありますか?

No.49  各州での最低賃金の上昇 | 日系企業の意識改革の試み

No.50  評価制度を止めた企業はどうなったか? | H-1B、E、Lビザ配偶者の就労許可について

No.51  2022年は日系企業のDEI元年| 個人の確定申告で注意すべき4つのポイント

No.52  健康保険加入でCOVID-19の自宅検査キットが無料に | 人材難が続くアメリカのGreat Resignation~いま何が起こっているのか~

No.53  2022年アメリカの物価上昇と昇給への影響は? | あなたは、どのように組織に「社会化」していますか?

No.54  複雑化し、高度化するアメリカHR  | リモートワークと企業文化の維持~アポロ宇宙船基地のトイレ清掃員の目的意識と通ずるところ

No.55  COVID-19以降のキャリアとライフスタイル | アフターコロナ新たな課題~人材採用で一役買うかもしれない新たなサービス~

No.56 【報酬】募集広告にサラリーレンジの開示義務(アメリカ流ジョブ型雇用義務化の流れ) | 日米税務当局間の金融口座に関する情報交換

No.57  DEIのEを知る | 職場で気を付けたい年齢発言

No.58  幅広いメンタルヘルスのベネフィット | 1on1で対話をすると組織の何が変わるのか? ~4ヶ月で起こせる変化~ | カナダ、メキシコ国籍保有者がアメリカ就労を可能にする専門職ビザ ”TNビザ”とは

No.59 リモートワークは是が非か? | アメリカの安全な都市。テキサス州のフリスコ市とマッキーニ市が1位2位!

No.60  Exempt 従業員は時間管理が出来るのか? | 「急がば回れ」が機能するとき

No.61 7月1日からStandard Mileage Rateが変更 | サイバーセキュリティリスクへの法的対応~事前準備の重要性~

No.62 ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判からHRは何を学ぶか? | 大量退職時代を乗り越えるために知っておくべき総報酬(Total Reward)の基本

No.63 COVID-19 に感染した従業員に対するアップデート | 人事訴訟と米国の差別解消への動き 

No.64 夢遊病とAmericans with Disability Act(ADA: 障がいを持つアメリカ人法)|  「リタイヤ前にやるべきだった・・・」後悔トップ10<日米比較>

No.65 カリフォルニア州 Paid Family Leave利用した従業員一人につき最大$2,000の給付金 | E-1 VISAの申請方法の説明

No.66 セクハラ防止トレーニングは継続しなければならない | なぜ、あなたは部下の話が聞けないのか?

No.67 NFLチームでのハラスメントとハラスメント防止規定 |  大量退職時代に従業員を惹きつける401(k)プラン

No.68  HRを仕事にしたら給与はいくらか? | リモートワークの見直しを契機に!ADA上の「配慮」と米国労務管理の「基本書類」| 教育水準も高いテキサス州!全米ベスト学校区100に5学校区がランクイン!

No.69 州をまたいで働く完全リモート従業員への対応 | 会社内のパワーシフト:リスク管理として今からやっておかなければならないこと

No.70 NBAチームでの差別・ハラスメントに対して、1,000万ドルの罰金は正当か | 日本の居住者認定―米国永住権者

No.71 2023年の昇給率はいくらにすべきか? | 「生きて」いる人と出会うには

 

 


 

【アメリカでのご採用をご検討中の企業様へ】

 

★採用でお困りなことはありませんか?

クイックUSAでは、アメリカでのご採用のお手伝いをしています。

フルタイム、パートタイム、派遣等、御社のご採用のお手伝いをさせていただきます。

お気軽に下記までご連絡ください。  

 


 

●人事・労務関連のご相談にも応じております。

クイックUSAではハンドブックの作成・見直し、ジョブディスクリプションの作成、セクハラ防止セミナーの開催など、 人事労務関連のご相談も承っております。内容、お見積りなど何でもお気軽に下記までご相談ください。  

 

QUICK USA, Inc.

 

[New York Office ](Headquarters)

8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018

Email:quick@919usa.com

Phone: 212-692-0850  

 

[Los Angeles Office ]

1995 W.190th Street, Suite 200 Torrance, CA 90504

Email:quickla@919usa.com

Phone: 310-323-9190  

 

[Dallas Office ] 

5851 Legacy Circle, Suite 600, Plano, TX 75024 

Email:quicktx@919usa.com

Phone: 469-626-5265 

 

[Chicago Office ]

1600 Golf Road, Suite 1200, Rolling Meadows, IL 60008

Email:quickil@919usa.com

Phone: 646-796-6393  

 

 

 


 

【アメリカでのご転職・就職をお考えの方へ】

 

アメリカでのお仕事探し、就職・転職はクイックUSAにお任せください。

弊社のサービスにご登録がお済みでない方は、まずは英文履歴書のご登録をお願いいたします。

www.919usa.comより、オンライン登録をしていただくか、

quick@919usa.comまでE-mailにて英文履歴書を添付ファイルにてお送りください。

折り返しご連絡させていただきます。  

 

※クイックUSAではニューヨークとロサンゼルスを拠点に全米で、留学生や社会人の求職者に対してアメリカでの就職・転職のお手伝いをしています。ご紹介しているお仕事は、金融、会計、IT、輸出入、人事、営業など多岐に渡ります。  

 

雇用形態はお仕事をお探しの方のライフスタイルに合わせて、 フルタイムのお仕事とテンポラリーのポジションをご紹介。 クイックUSAでは経験豊富なリクルーターが、求職者の皆様一人ひとりのご希望などを伺いアメリカでのキャリアプランを一緒に考えさせていただいています。 アメリカでお仕事をお探しであれば、アメリカ求人多数のクイックUSAに是非ご登録ください!(無料)  

 


 

★★クイックUSAにレジュメのご登録がまだの方は、今すぐご登録ください!★★

 

 

クイックUSAでは、ご登録者の方に対して無料のキャリアカウンセリングを実施しています。
★★Emailにてレジュメを送るだけで登録完了のエクスプレス登録もご利用いただけます!★★

        

 

 

アメリカで現在お仕事をされている方、OPTや学生の方など、現在アメリカに住んでいらっしゃる方へ
アメリカでのご転職・就職で何かご質問がございましたら下記よりご連絡ください。

 

 

   


 

[New York Office ](Headquarters)

8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018

Email:quick@919usa.com

Phone: 212-692-0850  

 

[Los Angeles Office ]

1995 W.190th Street, Suite 200 Torrance, CA 90504

Email:quickla@919usa.com

Phone: 310-323-9190  

 

[Dallas Office ] 

5851 Legacy Circle, Suite 600, Plano, TX 75024 

Email:quicktx@919usa.com

Phone: 469-626-5265 

 

[Chicago Office ]

1600 Golf Road, Suite 1200, Rolling Meadows, IL 60008

Email:quickil@919usa.com

Phone: 646-796-6393  

 


 

    

 
クイックUSAでは、LinkedinLINE、InstagramFacebookTwitterでも情報発信をしています。是非、フォローお願いします。