【アメリカの人事部】今年のハンドブックアップデートの拠り所

 

   

 

 

 

今年のハンドブックアップデートの拠り所

皆様の中には、今月4月から新年度をお迎えになられた企業様もきっと多いのではないかと察します。新年度の到来にあわせて、会社にあるハンドブックのアップデートについていまさらながらの感はするかもしれませんが、今回はあえて取り上げさせていただきます。もちろん、ハンドブックのアップデートは何も新年度のこのタイミングで行うべきという決まりがあるわけではありませんので、必要に応じて行えばよいだけなのですが、今年に入ってまだアップデートをなされていない企業様があれば、2021年に限れば、この時期を逃さずにぜひともアップデートに着手してほしい理由がいくつかあります。それらを交えて今回のお話とさせていただければ幸甚です。  

 

まず申し上げたいことは、コロナ禍が始まってから1年余りが経過し、ワクチン接種の普及もここアメリカ国内では目を見張るペースで進んではいるものの、変異種による拡大感染もあって、まだまだ収束にはほど遠い状況が今後とも続くことが予想されます。そのような状況下にあって、新政権からコロナ禍救済のための経済支援策や新たな法令(ARPA: American Rescue Plan Act of 2021)などが矢継ぎ早やに出され、すでにその効果も実際出始めています。 あとは年内中における時間軸を仕切っての法令の実施を確実に遂行していく段階となりました。そこでは今後やらなければならないマイルストーンについてもクリアになってきたのではないでしょうか。  

 

決められたことを実行に移していく段階の中で、それら新たに要求される義務を皆様が属する日系企業様におかれましても今から明確化しておく必要があるものと察せられます。そういった背景をもとにして、コロナ禍における新たな枠組みを企業としての実効性として反映させるためにも、社内で文書化あるいは明文化しておくことが何といっても欠かせません。その要(かなめ)となりますのが、まさに皆様の会社で作られ、運用されているハンドブックであることに他ならないというわけです。  

 

連邦議会で法案が可決通過され、バイデン大統領によって承認のサインを得たARPAの連邦法、法令ではないもののCDC(疾病対策予防センター)やOHSA(連邦職業衛生安全局)、そしてEEOC(連邦雇用機会均等委員会)などの連邦行政機関から出されている各種のガイドライン、そしてさらに各州で法令化された州法を取り入れたハンドブックのレビューとアップデートがこのタイミングでどうしても必要だというのは、私が単にHRコンサルタントであるからという立ち位置からだけで申し上げているのではありません。新しい法令やガイドラインへのコンプライアンスのみならず、やはり企業としてより重要であるのは、皆様の会社で働く従業員の方々をコロナから守っていくというより大きな視点であり、根本的な取り組みではないかと考える次第です。そのようなポイントをしっかりと押さえることで、単にハンドブックを新しく改定しなければならないという義務的な意図だけではなく、従業員を、さらには会社をコロナから守る上での避けて通ることのできない拠り所になるのではないでしょうか。    

 

 

 

ここまではやや抽象的なことを申し上げてしまいましたが、実際にハンドブック上でアップデートがどうしても必要な箇所をピンポイントでご指南させていただきます。まず、コロナの感染予防対策を会社のポリシーとして書き加えてください。OSHAから出されているガイドラインにも職場における感染予防ポリシーの作成が義務付けられています。そして、ワクチン接種ポリシーも会社がワクチン接種を推奨するとした立場で作成されますことが望ましいかと存じます。 やはり、EEOCの方からワクチン接種に関するガイドラインが出されていますので、今のところこのガイドラインに添った形でのポリシー作成がベストプラクティスになるものと思います。 感染予防ならびにワクチン接種に直接的に関連するのですが、会社が提供するコロナ関連における有給シックリーブについて、新たにページを持たれることがやはり欠かせません。皆様の会社がある州によっては、州法によって従業員の自主隔離や検査、そしてワクチン接種に関して有給シックリーブを提供しなければならない場面が出てまいります。各州法ごとにコンプライアンスしている記述であることが要求されますので、場合によっては法律の専門家に見てもらったほうがよいかもしれません。  

 

最後に、これは法令絡みではないのですがコロナ禍が始まって働き方での大きな変化のうねりが企業および皆様の従業員を飲み込んでいるのはどなたでもお感じのことであろうかと察せられるところであります。つまり従来のオフィスで行う業務に代わって、多くの企業様でこの1年間の中、テレワークやリモートワークに移行して、それがすっかり定着した節があります。そうしますと、コロナ前には従業員にテレワークなどは基本的に認めていなかった企業様であれば、テレワークに関する社内ポリシーなどもお持ちではなかったものと思われますので、やはりこの際、新たにテレワークポリシーを作っておくことはほぼ必須だと存じます。テレワークポリシーをハンドブックに入れる際に、考慮せねばならないことは、テレワーク中の休憩時間などを含めた勤怠管理、残業の事前承認、報告の仕方やコミュニケーション、さらにテレワークで発生するホームオフィスなどでの経費の支払いなどについても社内のガイドラインとなる枠組みをこのタイミングで作っておくことがあとあと従業員との間での揉め事にならないためにも不可欠であるかと感じます。  

 

特にテレワークについては、コロナ禍における一過性のトレンドで終わることはもはや考えにくく、コロナ収束後も一定の割合でテレワークを続ける企業や職場は残るであろうといわれています。 従来のオフィスなどの職場に出勤しての勤務と週の何日かは自宅で働くテレワークとの共存、つまりハイブリッド型での勤務形態が今後の新しいトレンドとして定着することが想定されるところとなっています。やはり多くの企業様にとりましては遅かれ早かれ、自社のテレワークポリシーの作成は待ったなしだと申し上げることができる所以です。このように、コロナ禍によって多くの変化を受け入れ、柔軟に対応していくことはもはやどの企業様にとりましても避けて通れない経営上の勘所となるとさえ思われる次第です。いろいろと申し上げてまいりましたが、新年度に突入したこの時期を逃すことなく、ハンドブックのアップデートに取り掛かってみませんか。 自社だけでやろうとしても難しいものと思いますので、HRの専門家などをリソースとして上手くご活用されてみてください。 

 

 

※この記事に関してのご質問は、Pacific Dreams, Inc.まで、お気軽にお問い合わせください。  

 


 

【執筆】

          

Pacific Dreams, Inc.

President & CEO

酒井健吉

Ken Sakai

8532 SW St Helens Dr. Wilsonville, OR 97070

www.pacificdreams.org

Email : kenfsakai@pacificdreams.org

Phone: 503-783-1390  

 

【プロフィール】

信州大学卒業後、YMCAでの語学講師などを経て1987年にオレゴンに渡米。当時三菱金属(現:三菱マテリアル)が買収した米国半導体シリコン製造会社に勤務。1996年に退職後、パシフィック・ドリームズ社を立上げ、在米日系企業ならびに米国企業のクライアントを対象に人事管理コンサルティング、マーケティングと異文化コミュニケーションのノウハウを提供している。また全米各地で、毎月日系企業向けの人事セミナーを精力的に展開している。

   


 

●「アメリカの人事部」ニューレターのお申込み

クイックUSAは「アメリカの人事部」を発足し、在米日系企業様向けにニュースレターを配信させていただいております。アメリカでビジネスを遂行していくために、必ず知っておかなければならない法律、人事・労務、ビザなどの最新ニュースを定期的にお届けしております。「アメリカの人事部」のニュースレターの受信をご希望の企業様は、下記までお気軽にお申し付けください。   「アメリカの人事部」のニュースレターお申込みご希望の方はお手数ですが、会社名、ご担当者様氏名、役職、電話番号、会社のご住所、E-mailアドレスを明記の上、下記E-mailアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。  

E-mail:info-usjinjibu@919usa.com

 

     

 

「アメリカの人事部ニュースレター」のバックナンバーをご希望の方は、 E-mail:info-usjinjibu@919usa.com まで、 ご希望のナンバーをお気軽にお知らせください。

 

【バックナンバー】

No.1 日本の人事について、トランプ政権発足以降のビザ取得の状況

No.2 人事が知っておくべき高額医療/消費者保護法(CCPA)施行/感染症対策

No.3 コロナウィルス拡大で米国CDCも推奨「在宅勤務」について/シックリーブ

No.4 在宅勤務特集/在宅勤務に関するQ&A

No.5 コロナウイルスに関するQ&A/WiFiの規定/より快適な在宅勤務のコツ

No.6 CDC雇用者向けページを確認しよう/After COVID-19の訴訟について

No.7 ポスト・コロナの職場環境/ビザ取得の状況/WEB面接のコツ

No.8 出社への不安という理由/職場再開における適正な準備と手順

No.9    Return to Workのポリシーを作ろう/オフォス再開に関する一問一答

No.10  コロナ禍で考える「評価制度の構築」/ Don’t be silent ~アメリカの人事は差別との闘いであるから

No.11 移民法、雇用調整助成金(ERC)最新情報

No.12 失業保険の不正受給が急増/評価制度Q&A

No.13 職場におけるコロナ関連訴訟/ オフィス対策/ 感染テスト

No.14  ジョブ型?メンバーシップ型?/自主隔離を終了させる新たなガイドライン

No.15  CA州無給休暇と収入保障/強い企業になる!ブラックスワン比較とは

No.16 ポストコロナの新入社員研修/最新移民法/リモート採用注意点/失業率の推移、学校再開Q&A

No.17 訴訟が多いワースト10/コーチングの活用目的

No.18 緊急有給シックリーブ法の改定/リモートでのコミュニケーション

No.19 各州の雇用に必要な給与額/従業員が感染!会社としての対策とは

No.20 2021年は2.6%昇給すべきか?!/採用もマーケティングと同じ

No.21 バイデン新政権誕生で変わる今後の雇用情勢/H1b申請新基準

No.22 企業が提供する祝日と割合/オンラインホリディパーティゲーム9選

No.23 医療費は上がり続けるのか?

No.24 2021年有給シックリーブ法/何はなくともブランディング

No.25 グラフで振り返る2020年/新世代のコミュニケーションCPaaSとは

No.26 ワクチン接種を強制しますか?/H-1Bビザ抽選プロセスの変更案について  

 


【アメリカでのご採用をご検討中の企業様へ】

★採用でお困りなことはありませんか?

クイックUSAでは、アメリカでのご採用のお手伝いをしています。

フルタイム、パートタイム、派遣等、御社のご採用のお手伝いをさせていただきます。 お気軽に下記までご連絡ください。  

 


 

●人事・労務関連のご相談にも応じております。

クイックUSAではハンドブックの作成・見直し、ジョブディスクリプションの作成、セクハラ防止セミナーの開催など、 人事労務関連のご相談も承っております。内容、お見積りなど何でもお気軽に下記までご相談ください。  

 

QUICK USA, Inc.

[Los Angeles Office ](Headquarters)

1995 W.190th Street, Suite 200 Torrance, CA 90504

Email:quickla@919usa.com

Phone: 310-323-9190  

 

[New York Office ]

8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018

Email:quick@919usa.com

Phone: 212-692-0850  

 


 

【アメリカでのご転職・就職をお考えの方へ】

アメリカでのお仕事探し、就職・転職はクイックUSAにお任せください。

弊社のサービスにご登録がお済みでない方は、まずは英文履歴書のご登録をお願いいたします。

www.919usa.comより、オンライン登録をしていただくか、

quick@919usa.comまでE-mailにて英文履歴書を添付ファイルにてお送りください。

折り返しご連絡させていただきます。  

 

※クイックUSAではニューヨークとロサンゼルスを拠点に全米で、留学生や社会人の求職者に対してアメリカでの就職・転職のお手伝いをしています。ご紹介しているお仕事は、金融、会計、IT、輸出入、人事、営業など多岐に渡ります。 雇用形態はお仕事をお探しの方のライフスタイルに合わせて、 フルタイムのお仕事とテンポラリーのポジションをご紹介。

 

クイックUSAでは経験豊富なリクルーターが、求職者の皆様一人ひとりのご希望などを伺いアメリカでのキャリアプランを一緒に考えさせていただいています。 アメリカでお仕事をお探しであれば、アメリカ求人多数のクイックUSAに是非ご登録ください!(無料)  

 


 

★★クイックUSAにレジュメのご登録がまだの方は、今すぐご登録ください!★★

 

 

クイックUSAでは、ご登録者の方に対して無料のキャリアカウンセリングを実施しています。
★★Emailにてレジュメを送るだけで登録完了のエクスプレス登録もご利用いただけます!★★

         

 

 

アメリカで現在お仕事をされている方、OPTや学生の方など、現在アメリカに住んでいらっしゃる方へ
アメリカでのご転職・就職で何かご質問がございましたら下記よりご連絡ください。

     

 


 

QUICK USA, Inc.

[Los Angeles Office ](Headquarters)

1995 W.190th Street, Suite 200 Torrance, CA 90504

Email:quickla@919usa.com

Phone: 310-323-9190  

 

[New York Office ]

8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018

Email:quick@919usa.com

Phone: 212-692-0850

 


 

   

 
クイックUSAでは、LinkedinLINE、InstagramFacebookTwitterでも情報発信をしています。是非、フォローお願いします。